歴史

歴史

千利休は身長が高く、秀吉は低かった?国宝である茶室の名前は?

千利休は茶人ですが、かなり大柄な男だったようです。当時の平均身長は恐らく、150台の中盤ぐらいだったと思われますが、利休は推定で180cm程度だったと言われております。対して秀吉は背が低く小柄だったようです。
歴史

ヤマトタケルノミコト(日本武尊)とスサノオノミコトの違いは?

古事記や日本書紀には「ヤマトタケルノミコト(日本武尊)」や「スサノオノミコト」といった人物が登場しますが、少し名前が似ていることから彼らが同一人物と思っている方も少なくはないようです。
歴史

遷御の儀が開催!三種の神器は天皇陛下も見れない?実在場所は?

伊勢神宮でこれまでの正殿から新しく造営した正殿にご神体である八咫鏡(やたのかがみ)を移す儀式「遷御(せんぎょ)の儀」が行われました。八咫鏡は三種の神器のひとつで布に覆われて見られませんでしたが、天皇陛下さえも見ることができないそうです。
歴史

平将門、反乱して新皇の称号を名乗る!命日は?祟りって本当?

平将門といえば大手町にある首塚が有名ですよね。この首塚を壊そうとするものには祟りがあるといわれてますが、本当でしょうか。将門は関東8カ国を制圧すると、茨城県の石井郷(岩井市)という地名を新都として、自らに「新しい天皇」という意味で新皇という称号をつけます。
歴史

織田信長に追放された「足利義昭」、本能寺の変の黒幕?家計図は? 

織田信長に擁立されて将軍の座につくことになりますが、後に信長の反感をかって京都から追放されてしまいます。信長は義昭のために二条新御所を新築するなどしますが、義昭は政治の実権も握ろうとして信長と対立するようになります。
歴史

フィリピンのマニラに追放されたキリシタン大名「高山右近」の生涯

高山右近といえばキリシタン大名として有名です。いったいなぜ有名なのかというと、その生涯をしれば理解できると思います。やがて成長した右近は高槻城城主として荒木村重の配下に入ります。高山右近はキリスト教の信仰を貫きついにはマニラに追放となってしまいます。
歴史

消えた赤穂浪士、寺坂吉右衛門(寺坂信行)。墓は仙台?伊豆?

赤穂浪士(あこうろうし)に生き残りがいたのはご存知でしょうか。その男の名は寺坂吉右衛門(寺坂信行)といいます。彼はなんと83歳まで生き続けます。他の赤穂浪士が葬られた、泉岳寺に供養墓が作られました。墓は全国にいくつかあり、仙台や伊豆などにあります。
歴史

徳川秀忠が遅刻?遺骨に銃創跡?武家諸法度の元は分国法?幼名は?

徳川秀忠は幼名は竹千代(たけちよ)で、家康の幼名と同じです。ちなみに秀忠の息子、家光も幼名は竹千代だったといいます。武将としては関ヶ原の戦いへの遅刻など、愚将のイメージが強いです。大阪冬の陣では秀忠は汚名を返上すべく、先陣に立って戦ったといいます。
歴史

豊臣秀頼の生存説?鹿児島に墓がある?天草四郎は秀頼の子供?

豊臣秀頼といえば、大阪夏の陣で大阪城が落城し、その際に自刃したというのが通説になっております。しかし、大阪城落城の1ヵ月後、イギリスの東インド会社のリチャード・コックスという男が日記で豊臣秀頼は実は生きているという噂があると書きました。
歴史

室町幕府6代将軍「足利義教」の選ばれ方はくじ引きだった?

室町幕府の将軍に足利義教(あしかがよしのり)といった人物がいたのはご存知でしょうか。この足利義教は、あるユニークな方法で将軍に選ばれました。その方法なんですが、なんと「くじ引き」です。