中国の影の銀行って何が問題?どんな仕組み?規模や日本への影響は?

中国のシャドーバンキング(影の銀行)問題が心配されております。

習近平

この中国のシャドーバンキングですが、いったい何が問題になっているのでしょうか。


シャドーバンキング(影の銀行)とは?

シャードーバンキングとは独自で資金を集めて運用する民間の金融機関のことで、正規の銀行のように政府から厳しい規制を受けておりません。例としてはヘッジファンドなどが含まれます。

正規の銀行は厳しい規制などがあって、実質は国営企業ぐらいにしか資金を貸出してないと聞いたことがあります。

それではそれ以外の民間企業の経営が成り立たないのですが、そういったところに資金を貸し出しているのがシャドーバンキングです。


影の銀行の仕組みは?

中国では地方政府は日本のように地方債を発行することが許されておらず、地方政府は融資平台という投資会社を設立して資金を集め、インフラ投資などをしてきましたが、そのうちシャドーバンキングから資金を調達するようになりました。

そんな中リーマン・ショックが起こります。その立て直しに中国では大規模な公共投資を実施しましたが、中央政府は資金負担を地方政府にも課しました。

そのため地方政府の負担で大規模な都市開発が次々と実施され、高層マンションが立ち並ぶようになりましたが、当然、その資金元は影の銀行からとなります。

その影の銀行に集まる資金はいったいどこから出ているのでしょうか。

それは中国国民であって、特に裕福でもない一般の人達も大量に資金を提供しているといいます。

影の銀行は理財商品といった形で、年5%~10%の高い利息で債権を発行しておりますが、それらは正規の銀行などが窓口になって売られております。


影の銀行の何が問題なの?

そこまでは影の銀行には問題ないように思われますが、せっかく作ったマンションが売れないという問題が発生しました。今では人の全く住んでいないマンションが中国の至る所に存在しているといいます。

中国では不動産バブルが発生していて高すぎるといったこともあるでしょうし、そもそも需要のないところに都市を作ってしまったとも考えられます。

マンションが売れなければ、地方政府はシャドーバンキングに借金を返済することができません。


影の銀行の総取引額は?

影の銀行問題の規模はどれぐらいあるのでしょうか。

影の銀行の総取引額は一節には300兆円以上ともいわれておりますが、その大半が都市開発に使用されているようです。さらに、中国経済は急速に悪化しているといいう人もおりますが、そうなってくると、シャドーバンキングが民間企業に貸し出した資金を回収するのも難しくなってくることでしょう。

日本のバブル崩壊では100兆円の不良債権が発生したといわれますが、シャドーバンキング問題はそれをはるかに超える可能性があるのです。

もっともリーマン・ショックのときは世界中にサブプライムローンの債権が流れていたので大混乱となりましたが、シャドーバンキングは主に中国国内の問題なので、どこまで日本に影響があるのかはわかりません。

とはいっても、世界経済は現在、中国に密接に関わっているので中国の低迷、混乱は全世界に何らかの影響をおよぼすと思われます。

それにしても財産を失って怒り狂った中国国民が暴動なんてことがあるかも知れません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です