イチロー、ヤンキースでの年棒は?マリナーズのときは分割?

イチローがいよいろ日米400本安打間近となりましたね。

イチロー

イチローの去年までの年棒は1800万ドル(18億円弱)でしたが、ヤンキースへの移籍で650万ドル(6億5000万弱)と大幅ダウンしました。

実に11億5000万ぐらいのダウンで半分以下となります。


それでもフォーブスが発表したイチローの今年度の総収入は1960万ドル(約19億円)で、昨年の2400万ドル(24億弱)に比べて、年棒ほどは減っておりません。

CMなどの出演料も去年の700万ドル(6億8000万)から600万ドル(5億8000万)にダウンしているのですが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

このからくりにはマリナーズとの契約があります。

イチローは2007年に5年で9000万ドル(90億円弱)の契約をしております。

このときの契約が6000万ドル(60億円弱)は年棒として支給されますが、残りの3000万ドル(30億円弱)は2013年から20年間に渡って分割で支払われるというものになっております。

しかもその3000万ドル(30億円弱)には毎年5%の金利までつくそうです。

こういう契約になっていたので、去年に実際に支払われる年棒は1200万ドル(12億円弱)、今年受け取る年棒はマリナーズの残りをあわせて(800万ドル)8億弱となるので、年棒ダウンほどの収入減にはならないのです。

ヤンキース イチロー

イチローにしてみればたいしたことはないのかもしれませんが、メジャーリーグの年金制度はけっこうおいしいです。

メジャー在籍が5年以上で資格が得られ、10年以上で満額がもらえるそうです。

その気になる額ですが、年に約1700万円ということです。支給年齢は62歳からで、生きてる間はずっと支給されるそうです。

これだけあれば、老後は左団扇ですね。

ただ、一般人には大きすぎる額ですが、一流選手になると、お金の使い方は当然粗くなっていると思うので、彼らにとっては切り詰めないと全然足りそうもありません。

メジャーリーグは競争が激しいため、日本人選手で5年以上は松坂大輔松井稼頭央など8人ぐらいいますが、10年以上の満額は野茂英雄、イチロー、大家友和の3人しかいません。

松井秀喜はもうちょっとで満額というところでした。

ちなみに日本のプロ野球の年金は年間100万円程度のようです。



イチロー、ヤンキースでの年棒は?マリナーズのときは分割?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 徹底的に自信過剰 | 3割バッターになる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です