マリナーズ岩隈久志の年棒は?創価学会の信者?浮気相手はどんな人?

マリナーズの岩隈久志が好調です。

岩隈久志

ここまでの成績は11勝6敗で申し分ありません。

岩隈は日本にいた頃は故障勝ちでガラスのエースなんて呼ばれておりましたが、メジャーにいってからはウエイトトレーニングやストレッチを増やしたそうです。

そのかいもあったのか、今年はここまで一度もローテーションを外れておりません


楽天時代は首脳陣が「筋肉は中学生と一緒。」なんてひどいことをいっておりましたが、メジャー式のトレーニングで克服したようです。

ストレートの球速も日本にいたときより増している感じがします。

もっとも日本にいたときは野村監督や星野監督とはあまりうまくいっていなかったようです。そういった原因で、あまりモチベーションがあがらなかったのかもしれません。


岩隈の楽天時代は年棒は推定で3億円ありました。

マリナーズ移籍当時は年棒は1億2500万円と半分以下までダウンしました。

もっとも出来高のオプションがついていて、これは最大2億5500万円と一見すばらしい条件に見えますが、ローテーションを守ることが前提となっていました。

楽天時代の岩隈を考える達成するのはとても難しい条件に思えました。

現にこの条件はクリアすることができず、出来高を手に入れることはできませんでした。

そんな岩隈ですが、今季は年棒が6億以上になっております。
この先どうなるかはわかりませんが、結果的には日本にいるよりも大きく稼ぐことができたことになります。

年棒を半減させてまで挑戦した岩隈のメジャー挑戦は大成功だったということでしょう。

岩隈久志

岩隈久志といえば夫婦で創価学会の信者のようです。

2人の出会いも創価学会がらみということです。

私は見たことはありませんが、学会系の雑誌にも登場しているようで、寄付などもしているようです。

岩隈は愛妻家で有名でしたが、長身茶髪のロングヘアー女性との浮気現場が週刊誌でスクープされたのにはびっくりしました。

なんでもその浮気相手というのが奥さんの弟の嫁さんとかいう噂もあります。もし本当なら泥沼でその後の修羅場が想像されます。

家庭では妻の尻に敷かれるようですが、ストレスが溜まっていたのかも知れませんね。

なんにせよこの一件で愛妻家とは呼べなくなってしまいました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です