リオネル・メッシが怪我多発?脱税問題は?低身長の病気?血液型は?

バルセロナFCのスター選手であるリオネル・メッシですが、ここ数ヶ月は筋肉系の怪我に悩まされております。

リオネル・メッシ

最近ではフル出場することも少なく、大事な試合で先発出場しないなんてケースも起こっております。

ドリブルで激しく左右に動いたりするので、当然、筋肉には大きな負担がかかっているものと思われますが、他に原因はないのでしょうか。

その原因のひとつはメッシの食生活にあると言われております。メッシの食事には肉が多く、野菜などはあまり口にしないそうです。


バランスの悪い食事は肉離れの原因になるそうです。

また彼の人気にも原因があるようです。彼はオフには世界各国を飛び回っております。

飛行機に乗る時間が長くなり、時差などもあるので、生活は次第に不規則になってしまいます。

リオネル・メッシ

チームのバルセロナのほうは、メッシがそんな状態でも今季は絶好調です。

あまり故障が多くなると、次第に他の選手が台頭してくるといったことも考えられます。

今季バルセロナはブラジルの大物選手ネイマールを獲得しました。

バルサのサッカーに馴染めるのかや他の選手との連携などを心配する声もありましたが、これまでの実績を見る限りではそういった心配はないようです。

今後メッシを脅かす存在になっていくかもしれません。

ネイマール

メッシといえば脱税が問題になっていて、禁錮刑の可能性もあるなんて言われておりました。

さすがにそれはないと思いましたが、脱税額は5億5000万円ぐらいで、その後メッシは6億6000万ほど納めたそうです。

この脱税は肖像権使用料の振り込みを細工したとされておりますが、メッシは肖像権収入で20億円は稼いでいると言われております。

この肖像権というのは、サッカーゲームでパッケージがメッシで飾られたりしておりますが、そういったものから入るそうです。

ちなみに今年のメッシの年俸は1600万ユーロで日本円にすると、20億円以上です。

リオネル・メッシ

メッシは身長169センチとサッカー選手としてはかなり小さい方です。

11歳ぐらいの頃には成長ホルモン分泌異常の症状が発覚し、このままでは身長があまり成長しないと診断されてしまいます。

成長ホルモン投与などで治療は可能ですが、問題はそれには多額の費用がかかるということでした。

そのため治療も受けられない日々が続いてましたが、13際の時バルセロナの入団テストに合格した時、治療費の負担も約束されました。

彼の身長はこのとき143センチでしたが、これによってその後、無事に成長することができました。

ちなみに彼の血液型はO型のようですが、サッカー選手にはO型が多いですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です